スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーガー

昨日もリハをやってきました。

写真

4月も5月もたくさんのライブが決まっているのでみんな頑張って練習してますよ。

次のライブは4月12日です。ぜひぜひ来てくださいね。


【166cm×GREEN BEAR×ルビンシュタイン共同企画】
公演日:2014/4/12 (土)
会場:新宿 Marble
開場:18:00
開演:18:30
出演:ヘンリーヘンリーズ / ルビンシュタイン / GREEN BEAR / 166cm / (O.A)こどもランドリー
料金:前売¥2,000(D別) / 当日¥2,500(D別)
備考:高校生学割500円(D別) / 大学・専門生学割1500円(D別) ※要学生証提示








ところで、最近ぼくはカラスに興味が出てきまして、ここ何日かはずっとカラスを探しながら生活しております。

きっかけは松原始著『カラスの教科書』を読んだことなのですが、実はぼくの部屋のすぐ隣には昔から、あるカラスペアが巣をつくる桜の木があり、昔からこのカラスペアを見ていたので尚更に興味が出てきたのです。

カラスは怖いとかマイナスのイメージがあると思いますが、なかなかに面白いというか、人間味を感じるというか、とても興味深い生き物のようです。


実は、カラスは縄張りを持つ前からすでにらぶらぶペアをつくり、二羽がかりで縄張りを探し、二羽で一緒に巣をつくり、しかも鳥類では珍しく離婚率がとても低いという、とても理想的な家庭を持つらしいのです。

オシドリのオスなんて、メスを孕ませたら即バイバイらしいですよ。子どもをつくるまではもの凄く情熱的らしいですけど。

それと、かっこいいイメージもあるカラスですが、実はぜんぜん強くないのだとか。それにめっちゃ臆病らしいです。

その分「賢く」て、ある種類のカラスは自分で道具を作ってしまうというほど。

どこにでもいるカラスですが、なかなかにユニークで面白いです。


ちなみに僕の部屋の隣のペアは、何度も何度も巣を降ろされながら、今も仲良く巣をつくっています。

雛とか巣立ちとか、観察してみたいですけど、また降ろされちゃうんだろうなあ。

P4060192-s.jpg










これから当分、ライブとかリハとかをやる度にヘンリーズ便り的なノリでここが更新されるかもです。

毎回毎回書くようなこともないので、今回のカラスのようなどうでもいい話付きかもですがご勘弁を。

そしてこのカラスブームはいつまで続くのやら...
スポンサーサイト
 
 
 
 Designed by Paroday / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。